通貨ペアの乖離幅を利用して日に数万円を狙うトレード

Posted by | FXのいいところ

FXトレードで儲けた話をブロガーがしていたので、一つ例を紹介します。
今では通用しないかもしれないので、あくまでも参考程度に留めてください。
連動性の強い通貨が存在します。
片方の通過が動いて後から追う様に動く通貨というものが存在していました。
逆もあります。
先に動く傾向のある通貨をみて、通貨ペアの乖離幅を埋めるような形でポジションを取る、または同じ方向に後から動く通貨でポジションを取る等の手法をとっていました。
肝心のそのブロガーは成績は、勝率80%程で日に最大で5万円ほどの利益です。
レバレッジは恐らく100倍(当時はこの倍率でも可能です)です。
負けもありましたが、多くても数万円だったように記憶しています。
二つの通貨に限らず、参考にするのはそれと関連する通貨も同時に見ています。
いくつものチャートを俯瞰して、市場の雰囲気を把握しながらポジションを取るのです。
連動する時間帯が限られているのか、それとも勤めているのかは分かりませんが、ポジションを取る時刻は毎回近い時間帯でした。
見送ることも多くありました。
手仕舞いはその日のうちです。
また、値だけを見ているのではなくて、両方ともチャート分析をしてどちらがどのような状態であるのかを常に把握していました。
トレンド、抵抗ライン、トレンドライン、これらを週足・日足・(4)時間足等で見た上に、更に記憶してトレードをしていたのです。
どの通貨ペアが連動性があるかは、為替レートの相関係数でわかります。
1または-1に近いものが連動性があります。
勝率が高く儲けも多いという誰もが望む結果を出した事例はないでしょうか。