FXのリスクとは

Posted by | リスクを知る

FXは株式などと比較してシンプルで分かりやすいということから初心者にも非常に人気となっていますが、FXをはじめるに当って気をつけておかなければならないこともあります。
まず何よりも気を付けることは「レバレッジ」です。
レバレッジはテコの原理を意味する言葉で、FXではレバレッジを使うことで自己資金の最大25倍までの取引を行うことが可能になります。
つまり、収益が出た場合には収益も25倍に膨らむことになります。
これがFXが人気となっている大きな理由の一つでもあります。
しかし、収益が25倍になるということは、損失が出た時には損失も25倍になるということです。
収益ばかりに目が行ってしまいレバレッジを大きく掛けてしまうと、損失が出た時に取り返しがつかなくなってしまいます。
ですから、リスク管理という観点からもレバレッジは10倍程度までに抑えておいたほうが良いでしょう。
また、FXは外国為替証拠金取引という名前の通り、取り引きのために業者に対して証拠金を支払う必要がありますが、業者が倒産してしまったりすると預けておいた証拠金が戻ってこないということがあります。
FX業界には信託保全というシステムがあり、もしも倒産などのアクシデントが起こった場合にはそこから証拠金を支払います。
ですから、信託保全を行っている業者ではこういったリスクを回避することもできます。
しかし、信託保全の加入は全業者に義務付けられているわけではありませんから、場合によっては証拠金が返ってこないこともあるということを知っておきましょう。